トップチーム選手1名、関係者1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定【C大阪】

トップチーム選手1名、関係者1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定【C大阪】

トップチーム選手1名、関係者1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定【C大阪】

セレッソ大阪は5日、トップチーム選手1名、トップチーム関係者1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表しました。当該選手1名は、3日に検体採取したPCR検査の結果、翌4日に陽性判定を受けたため、同日に病院にて再度受検し、陽性判定を受けました。当該選手は4日の朝から発熱(38.0℃)、頭痛、倦怠感の症状があり、現在のところ自宅で静養し、体調回復に努めています。当該関係者1名は、選手1名への陽性判定を受け、4日にトップチーム全選手およびトップチーム関係者を対象にPCR検査を実施したところ、5日に陽性判定を受けました。当該関係者は現在、体調不良、発熱などの症状を訴えていません。4日にトップチーム全選手およびチーム関係者を対象にPCR検査を実施した結果、当該選手1名、当該関係者1名を除き、陰性判定を受けています。なお、Jリーグのガイドラインに沿って選手3名を濃厚接触疑い者とし、6日に行われる明治安田生命J1リーグ第8節の横浜F・マリノス戦は、当該選手1名、当該関係者1名および、今後保健所より特定される濃厚接触者を除き開催される予定です。また、保健所からの濃厚接触者の特定が間に合わない場合は、当該選手1名、当該関係者1名および、濃厚接触疑い者3名を除いて開催される予定です。 

広告スペース

関連ニュース