首位浮上の福岡は、13連勝をかけて町田と激突。東京Vと磐田の名門対決は、2人のベテランがカギを握る【プレビュー:明治安田J2第28節】

首位浮上の福岡は、13連勝をかけて町田と激突。東京Vと磐田の名門対決は、2人のベテランがカギを握る【プレビュー:明治安田J2第28節】

首位浮上の福岡は、13連勝をかけて町田と激突。東京Vと磐田の名門対決は、2人のベテランがカギを握る【プレビュー:明治安田J2第28節】

明治安田生命J2リーグは今節で、シーズンの3分の2を消化することになる。優勝・昇格争いが混とんとするなか、それぞれの戦いがさらに熱を帯びていくことは間違いないだろう。破竹の12連勝で首位に浮上した福岡は、町田の本拠地に乗り込む。前節は群馬に完封勝利と、堅い守りは健在だ。町田には前回対戦で2-1と勝利。その試合でもゴールを決めたフアンマデルガドがキープレーヤーとなるだろう。対する町田は3試合負けがなく、前節は千葉とスコアレスドローに終わった。ここ2試合はともに無得点とこちらも安定した守備が光るだけに、1点を争う緊迫した一戦となりそうだ。2位に転落した徳島は、アウェイで山口と対戦。前節は甲府に敗れ、11試合ぶりに黒星を喫している。得点力に陰りが見えるなか、攻撃陣の奮起が再浮上のカギとなるだろう。一方の山口は前節、京都に競り勝った。課題の守備が無失点に抑えたのは好材料で、今節も粘り強い守備を保ち、上位撃破を狙う。3位の北九州は京都とのアウェイゲームに挑む。前節は長崎と引き分け、これで7試合勝利なしとなった。それでもディサロ燦シルヴァーノが2試合連続ゴールと、復調してきたのは好材料。今節もこのエースにかかる期待は大きい。一方の京都も3連敗と苦戦が続く。2試合連続ノーゴールと攻撃面に不安を抱える。警戒されるピーターウタカ以外の得点パターンを確立したいところだ。4位の長崎はアウェイで愛媛と対戦。前節は北九州と引き分け、2試合勝利なしとなった。それでも終了間際に追いついたのはチームに勢いをもたらす要素となるはずだ。対する愛媛は3連敗で最下位に沈む。3試合で10失点を喫する守備の修正が何よりのテーマとなるだろう。新潟は前節、水戸に快勝を収め、5位に浮上。今節はホームに岡山を迎える。水戸相手に2ゴールを奪った中島元彦が再び爆発するか。岡山は前節大宮に競り勝ち、4戦負けなしとした。こちらは同じく2ゴールの白井永地が注目選手となる。甲府はアウェイで群馬と対戦。北九州、徳島と上位陣を連破し、勢いに乗っている。今節も徳島を苦しめたハイプレスとシュートカウンターがカギを握るだろう。一方の群馬は前節、福岡に競り負けた。守備の安定は備わるだけに、攻撃面に迫力を生み出したい。東京Vと磐田の名門対決は、2人のベテランがカギを握る東京Vvs磐田は、今節の注目カードとなる。東京Vは前節、栃木に勝ち切れなかったが、2試合負けなしと状態は悪くない。加入後いまだゴールのない大久保嘉人が古巣相手に意地を見せられるか。対する磐田は2連勝と息を吹き返している。加入後負けなしと絶大な影響力を示す遠藤保仁の出来が、今節も勝敗を左右するポイントなりそうだ。水戸はホームで山形と対戦。前節は新潟に1-3と敗れた。攻撃スタイルは健在ながら、ここ2試合で5失点の守備を上手く立て直したいところ。対する山形は3連勝と勢いに乗る。前節は愛媛相手に4得点を奪取。3試合で4ゴールと絶好調のヴィニシウスアラウージョが、今節も爆発するか。千葉はホームに金沢を迎える。5試合勝利がなく、この間わずかに1得点。2試合連続無失点と守備の安定は備わるだけに、攻撃陣の奮起が何より求められる。金沢は前節、磐田に競り負け、7試合ぶりの黒星を喫した。こちらも無得点に終わった攻撃面に修正が必要となるだろう。松本は前節、琉球に敗れ、再び21位に転落した。今節はホームに大宮を迎える。2試合連続複数失点の守備面を立て直せるか。大宮は4試合勝利がなく、前節は岡山に惜敗。2ゴールを奪ったイッペイシノヅカに、今節も期待がかかる。栃木はホームで琉球と対戦。前節は東京Vと0-0で引き分けたものの、5試合連続無得点と、攻撃面に課題を残す。リスクを負った攻撃を仕掛けられるかが、復調のカギとなりそうだ。琉球は松本に快勝を収め、6試合ぶりに勝点3を手にした。課題の守備も無失点に抑え、良い流れで今節に臨めそうだ。■各試合の見どころをチェック京都vs北九州水戸vs山形群馬vs甲府千葉vs金沢東京Vvs磐田町田vs福岡松本vs大宮新潟vs岡山山口vs徳島愛媛vs長崎栃木vs琉球 

広告スペース

関連ニュース