再び立ちはだかる赤い壁。川崎Fは名古屋にリベンジを果たし、11連勝なるか。C大阪と横浜FMの“矛盾対決”も注目の一戦に【プレビュー:明治安田J1 第23節】

再び立ちはだかる赤い壁。川崎Fは名古屋にリベンジを果たし、11連勝なるか。C大阪と横浜FMの“矛盾対決”も注目の一戦に【プレビュー:明治安田J1 第23節】

再び立ちはだかる赤い壁。川崎Fは名古屋にリベンジを果たし、11連勝なるか。C大阪と横浜FMの“矛盾対決”も注目の一戦に【プレビュー:明治安田J1 第23節】

明治安田生命J1リーグは、今節で第23節を迎える。シーズンもおよそ3分の2を消化し、いよいよ各チームはラストスパートに突入する。優勝争い、ACL出場争いは今後さらに熱を帯びていきそうだ。今節の注目カードは川崎Fvs名古屋の上位対決だ。今季二度目の10連勝を達成した川崎Fが、前回対戦で連勝記録を止められ、今季唯一黒星を喫した名古屋にリベンジを狙う構図となる。12節の対戦では川崎Fが攻め込みながらも、名古屋の堅守を崩せず、0-1と完封負け。川崎Fとすれば相手の対応をいかにかいくぐるかがテーマに。名古屋は同様の展開に持ち込み、好調を維持するマテウスの一発にかけたい。2位のFC東京は、横浜FCの本拠地に乗り込む。前節は永井謙佑のゴールなどで、3-1と清水に快勝を収めている。堅い守りは健在で、攻撃にも勢いが生まれている。前節に次いでレアンドロが出場停止となるものの、調子を上げてきた田川亨介らFW陣の爆発が期待される。対する横浜FCは、3戦未勝利と調子は下降気味。前節不発に終わった攻撃陣が意地を見せたいところだ。3位のC大阪はホームに横浜FMを迎える。チームの攻撃を牽引する清武弘嗣、マルコスジュニオールの動きがカギを握りそうだ3位のC大阪はホームに横浜FMを迎える。前節は終了間際の一撃で湘南を下し、連敗を止めている。失点が続いていた守備陣が無失点に抑えたのは好材料で、あとはいかに得点を奪えるか。清武弘嗣を中心とした素早い攻撃で、ハイラインの裏を狙いたい。横浜FMは前節、G大阪と引き分け、連勝はならず。今節はC大阪の堅守をいかに崩していくかがテーマに。神出鬼没なマルコスジュニオールの動きがカギを握りそうだ。G大阪は前節、横浜FMと引き分け、連勝が6でストップした。それでも堅守に加え、攻撃も機能し始めており、勢いは停滞しそうもない。復調の気配を漂わせる宇佐美貴史のパフォーマンスが、今節も試合の行方を左右しそうだ。対戦相手の大分は2試合勝利がない。とはいえ前節は終了間際に追いつき、神戸と引き分けている。粘り強さを見せたその勢いを、今節にもつなげたいところだ。鹿島は2連勝と調子を上げている。今節はアウェイで札幌と対戦。2試合で5得点と勢いを増している攻撃面がカギを握るだろう。札幌は前節、名古屋に0-3と完敗に終わった。守備に不安を抱えるなか、鹿島の攻撃をいかに凌いでいくのか。大学生GK中野小次郎のパフォーマンスに注目が集まる。ここ2試合で3得点と好調の江坂任)が、今節も重要な役割を担いそうだはアウェイで湘南と対戦。前節は先制しながらも追いつかれ、浦和と引き分けた。ここ2試合で3得点と好調の江坂任が、今節も重要な役割を担いそうだ。対する湘南は6連敗と苦しい戦いが続く。前節もC大阪に完封負け。粘り強い守備を実現するも、得点力不足は解消されていない。いかにチャンスを生み出していくのか。攻撃パターンの構築が何より求められる。浦和はホームに仙台を迎える。守備の安定が高まり、2試合負けなしと復調の気配を見せている。チャンスの数が限られるなか、前節ゴールを決めた興梠慎三にかかる期待は大きい。一方の仙台は12戦未勝利と苦境から抜け出せていない。失点が続いていた守備面に良化の兆しが見える一方、ここ2試合はともに無得点と攻撃面に課題を抱える。粘り強い首位を保ち、得点源のアレクサンドレゲデスを上手く活用して、相手ゴールに迫りたい。広島は前節、川崎Fに敗れ、連勝が2でストップ。今節はホームに神戸を迎える。2試合連続2失点と持ち前の堅守が隙を見せているだけに、このポイントの修正がテーマとなりそうだ。対する神戸も2試合勝利がない。それでも前節は主力を温存しており、良いコンディションでこの試合に臨めそうだ。好調を維持する古橋亨梧のスピードを生かした攻撃が、広島の守りを崩すための重要な手立てとなりそうだ。清水vs鳥栖は、下位に沈むチーム同士の対戦に。前者は5連敗、後者も4連敗と苦しい戦いが続いている。清水は5試合で13失点を喫する守りの整備がテーマに。鳥栖は4試合で1得点と攻撃面に課題を抱える。前回対戦は1-1の引き分けに終わったこの一戦。課題を解消し、連敗から抜け出すのは果たしてどちらのチームか。■各試合の見どころをチェックC大阪vs横浜FM札幌vs鹿島横浜FCvsFC東京清水vs鳥栖大分vsG大阪湘南vs浦和vs仙台広島vs神戸川崎Fvs名古屋