勢いを加速させる福岡は群馬相手に12連勝なるか。北九州vs長崎は昇格レース生き残りをかけた大一番に【プレビュー:明治安田J2第27節】

勢いを加速させる福岡は群馬相手に12連勝なるか。北九州vs長崎は昇格レース生き残りをかけた大一番に【プレビュー:明治安田J2第27節】

勢いを加速させる福岡は群馬相手に12連勝なるか。北九州vs長崎は昇格レース生き残りをかけた大一番に【プレビュー:明治安田J2第27節】

明治安田生命J2リーグは17日、18日に第27節の11試合が行われる。首位の徳島はホームに甲府を迎える。10試合負けなしながら、前節は岡山に勝ち切れなかった。終了間際の一撃で追いつかれただけに、試合の終わらせ方がテーマとなりそうだ。甲府は北九州に競り勝ち、8試合ぶりに勝点3を手にした。課題の攻撃が3得点を奪ったのは好材料。決勝ゴールを挙げた武田将平が今節もカギを握りそうだ。2位の福岡は11連勝を達成し、勝点で徳島に並んでいる。今節は群馬の本拠地に乗り込む。11試合で4失点と堅守が際立ち、1点差をものにする勝負強さも備わってきた。得点力も向上してきているだけに、勢いをさらに加速させていきそうな気配だ。一方の群馬も3戦負けなしと調子を上げている。3試合連続クリーンシートと、守備力の向上が復調の要因だ。今節も粘り強い守備を保ち、一瞬の隙を突く戦いに勝機を見出したい。3位の北九州と4位の長崎の一戦は、今節の最注目カードとなる。ともに勝点46で並ぶ両者の直接対決は、昇格争い生き残りをかけた重要な戦いとなる。北九州は6戦未勝利と悪い流れを断ち切れていない。一方の長崎は前節、磐田に競り負け、3連勝はならなかった。前回対戦では長崎が2-1で勝利を収めたが、果たして今回はいかなる決着を見るか。新潟は水戸の本拠地に乗り込む。前節は福岡に競り負け、連勝が3でストップ。上位争いに踏みとどまるためにも、連敗は避けたいところだ。対する水戸は3戦負けなしと状態は悪くない。前節、2ゴールを奪った中山仁斗が今節も重要な役割を担うだろう。東京Vはホームに栃木を迎える。前節は愛媛に4-1と快勝。数的優位を手にしたとはいえ、指揮官が求める攻撃スタイルが上手く機能した。今節も圧倒的なポゼッションを保ち、相手を押し込む戦いを実現するはずだ。一方の栃木は4試合勝利がなく、この間無得点。守備の安定は備わるだけに、攻撃陣の奮起が何よりも求められる。前節の長崎戦で、質の高いCKで決勝点を演出した遠藤保仁磐田)のパフォーマンスに注目が集まる金沢は6試合負けなしで8位に浮上。今節はホームに磐田を迎える。3試合連続ゴール中の島津頼盛が今節もキープレーヤーとなる。対する磐田は前節、長崎に競り勝ち、鈴木政一体制下で初勝利を挙げた。質の高いCKで決勝点を演出した遠藤保仁のパフォーマンスに注目が集まる。京都はホームで山口と対戦。前節は町田に完敗を喫し、これで2連敗。2試合で5失点の守備の修正がテーマとなるだろう。山口も3試合勝利がなく、ここ2試合で8失点と守備に不安を抱える。京都の得点源であるピーターウタカを封じられるかが、重要なミッションとなりそうだ。岡山はホームに大宮を迎える。3試合負けなしで、前節は首位の徳島と引き分けた。堅い守りは備わるが、得点力不足が課題に。途中出場から結果を残す齊藤和樹の起用法がカギを握りそうだ。対する大宮は3試合勝利がない。こちらも得点力不足が最重要課題に。加入後まだ1得点のイバの爆発が待たれるところだ。千葉はホームで町田と対戦。4試合勝利がなく、この間にわずか1得点しか奪えていない。攻撃面をいかに立て直していくのか。尹晶煥監督の手腕がカギを握る。町田は前節、京都に快勝を収め、9試合ぶりに勝点3を手にした。2試合連続ゴール中の平戸太貴が注目選手となる。琉球はホームに松本を迎える。5試合勝利がなく、現在は2連敗中。5試合でわずか1得点の攻撃面のテコ入れを図りたい。松本は3戦負けなしと復調の気配を示す。前節ゴールを奪った阪野豊史が、さらなる浮上のカギを握るだろう。最下位に沈む愛媛は、アウェイで山形と対戦。前節は東京Vに1-4と完敗を喫した。数的不利を強いられたとはいえ、4失点を喫した守備の修正が求められてきそうだ。山形は2連勝で11位に浮上。2戦連発のヴィニシウスアラウージョに、今節も期待がかかる。■各試合の見どころをチェック東京Vvs栃木徳島vs甲府千葉vs町田北九州vs長崎琉球vs松本山形vs愛媛水戸vs新潟群馬vs福岡金沢vs磐田京都vs山口岡山vs大宮 

広告スペース

関連ニュース