ポン・ジュノ監督はマンCのファン!? 「最後の晩餐」には天才MFを招待へ

ポン・ジュノ監督はマンCのファン!? 「最後の晩餐」には天才MFを招待へ

ポン・ジュノ監督はマンCのファン!? 「最後の晩餐」には天才MFを招待へ

 映画監督のポン・ジュノ氏は、マンチェスター・Cのファンなのではないかと密かに話題を集めている。イギリスメディア『BBC』が11日に伝えている。1カ月お試し無料。プレミアリーグ観るならDAZN 映画「パラサイト 半地下の家族」で監督を務めたポン・ジュノ氏。同作は世界中で評価され、9日に開催されたアカデミー賞では監督賞や作品賞を含む4冠を達成。映画の歴史に新たな一ページを刻んだ人物として、ポン・ジュノ氏には注目が集まっている。 そんななか、ポン・ジュノ氏はインタビューで「最後の晩餐と、その晩餐に招待する5名の人物」を問われると、映画監督のアルフレッド・ヒッチコック氏とマーティン・スコセッシ氏、元フィギュアスケート選手のキム・ヨナさん、伝説的バンド「レッド・ツェッペリン」のジミー・ペイジ氏、マンチェスター・Cに所属するベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネを選出した。 デ・ブライネを最後の晩餐の招待ゲストに選んだことから、『BBC』は「ジュノはマンチェスター・Cのファンであるとしか考えられない」と伝えている。

広告スペース

関連ニュース