サラゴサが香川の負傷状況を発表…前節ケガで途中交代、復帰時期は未定

サラゴサが香川の負傷状況を発表…前節ケガで途中交代、復帰時期は未定

サラゴサが香川の負傷状況を発表…前節ケガで途中交代、復帰時期は未定

 レアル・サラゴサは11日、クラブ公式HP上でMF香川真司の負傷状況を発表した。 8日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部第27節のフエンラブラダ戦で、リーグ戦3試合ぶりのスタメン出場を果たした香川。しかし、右足ハムストリングを負傷して36分にピッチを後にしていた。 今回の発表によると、香川は右足大腿二頭筋の損傷と診断された。重度はグレード1(1が最も軽傷)と報告されている。現時点で詳細な復帰時期は明かされていない。今後、香川はサラゴサ市内の病院で高気圧酸素治療を行いながら、パーソナルトレーニングを続けていくという。 今シーズンのリーガ・エスパニョーラ2部で現在3位と、レアル・サラゴサは自動昇格圏の2位以内も十分狙える位置につけている。昇格争いを演じるチームのためにも、香川の1日でも早い復帰が待たれるところだ。

広告スペース

関連ニュース