ピケとユムティティが全体練習を欠席…バルサ、今週末は本職CB不在の危機か

ピケとユムティティが全体練習を欠席…バルサ、今週末は本職CB不在の危機か

ピケとユムティティが全体練習を欠席…バルサ、今週末は本職CB不在の危機か

 バルセロナのキケ・セティエン監督は、危機に直面しているのかもしれない。10日付けでスペイン紙『アス』が報じている。1カ月お試し無料。リーガ・エスパニョーラ観るならDAZN 報道によると、現在バルセロナのトップチームには、15日に予定されているリーガ・エスパニョーラ第24節ヘタフェ戦に出場できる本職のセンターバックが不在だという。9日に行われた前節ベティス戦で退場処分を受けたDFクレマン・ラングレは出場停止で、DFジェラール・ピケとDFサミュエル・ユムティティの両選手は大事をとって10日の全体練習を欠席したようだ。 15日の試合でベンチにも入らなかったたピケは、現在右脚の内転筋に違和感を覚えており、コンディションが整っていない状況。ユムティティは2018年のロシアW杯の頃に痛めた左膝の古傷を痛めていると報じられている。 この状況を受けたセティエン監督は、バルセロナBから20歳のウルグアイ人DFロナウド・アラウージョを召集するのではないかとも伝えられているが、果たしてどのような判断を下すのだろうか。

広告スペース

関連ニュース