遠藤航がシュトゥットガルトに完全移籍へ…SDも買取OP行使に前向き

遠藤航がシュトゥットガルトに完全移籍へ…SDも買取OP行使に前向き

遠藤航がシュトゥットガルトに完全移籍へ…SDも買取OP行使に前向き

 シュトゥットガルトが日本代表MF遠藤航の買い取りオプションを行使するようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が9日に伝えている。 遠藤は1993生まれの27歳。2019年夏にシント・トロイデンから1年間のレンタルでシュトゥットガルトに加入。ここまでブンデスリーガ2部で9試合に出場している。 シュトゥットガルトのスポーツディレクター(SD)を務めるスヴェン・ミスリンタート氏は遠藤について、「選手として、そして人間性という面でも非常に価値を持っている。静かなリーダーだ」と称賛した。 また、ミスリンタート氏は遠藤の契約に付随している買い取りオプションについて、「当然ながら、我々としてはこれを見過ごすわけにはいかない」とコメント。シュトゥットガルトへの完全移籍が現実味を帯びてきている。

広告スペース

関連ニュース