PSG、再びナポリMFアランをターゲットに? 来年1月の獲得に動く

PSG、再びナポリMFアランをターゲットに? 来年1月の獲得に動く

PSG、再びナポリMFアランをターゲットに? 来年1月の獲得に動く

 パリ・サンジェルマン(PSG)は、ナポリに所属するブラジル代表MFアランの獲得を狙うようだ。イタリアメディア『FootballItalia』が2日に伝えている。 PSGは今年1月の移籍市場でもアラン獲得に動いていた模様。とはいえナポリ側に放出の意向はなく、移籍金7500万ユーロ(約90億4000万円)の巨額オファーを拒否したという。交渉失敗を受けて、PSGはアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデスの獲得に至った模様だ。 今回の報道によると、PSGは来年1月の移籍市場で再びアラン獲得に動くようだ。アランは合宿をボイコットしたことで、ナポリは同選手の給料カットを検討していると報じられている。アランに処分が下された場合、同選手が新天地を求める可能性は高まると同メディアは指摘している。

広告スペース

関連ニュース