バロンドールでも“クラシコ”勃発? 受賞回数でレアルを突き放し、バルサが歴代最多に

バロンドールでも“クラシコ”勃発? 受賞回数でレアルを突き放し、バルサが歴代最多に

バロンドールでも“クラシコ”勃発? 受賞回数でレアルを突き放し、バルサが歴代最多に

 最高の選手に贈られる『バロンドール』の受賞回数で、バルセロナレアル・マドリードを上回った。2日付けで、スペイン紙『マルカ』が伝えている。 2日、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが4年ぶり6度目となるバロンドールを受賞。これでバルセロナの選手が同賞を獲得するのは歴代最多の12回目となり、11回で並んでいたレアル・マドリードを突き放すかたちとなった。ちなみに、その下はミランユヴェントスが8回ずつで並んでいる。 バルセロナは、1960年にスペイン人のルイス・スアレスが初めてバロンドールを受賞。その後、1970年代にヨハン・クライフが同賞を3度獲得し、1999年にリバウド、2005年にロナウジーニョが受賞。今年受賞したメッシは、1人でクラブの受賞回数を倍にした。 1957年にアルフレッド・ディ・ステファノが初めてバロンドールを手にしたレアル・マドリードは、その翌年にレイモン・コパが同賞を獲得。2000年代にルイス・フィーゴ、ロナウド・ナザリオ、ファビオ・カンナバーロが受賞を果たし、クリスティアーノ・ロナウドが“白い巨人”として4度受賞。そして昨年、ルカ・モドリッチが初めて受賞している。 ピッチの外でも熾烈な争いを繰り広げるスペインの“2強”。今後も、この2チームから目が離せない。