マンU指揮官、公式戦3戦未勝利に嘆き節…「我々は勝利に値しなかった」

マンU指揮官、公式戦3戦未勝利に嘆き節…「我々は勝利に値しなかった」

マンU指揮官、公式戦3戦未勝利に嘆き節…「我々は勝利に値しなかった」

 マンチェスター・Uオーレ・グンナー・スールシャール監督が、リーグ戦について言及した。2日付けで、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。 1日に行われたプレミアリーグ第14節アストン・ヴィラ戦を2-2で引き分け、これで直近の公式戦3試合未勝利となったマンチェスター・U。スールシャール監督は同試合後、自身が率いるチームが勝利に値しなかったことを認めながら、記者会見で以下のように語った。「(一度逆転した)後半は悪くなかったと思っている。相手にプレッシャーをかけ、チャンスを作ることができていたからね。ただ、試合全体として我々は勝利に相応しくなかった。特に前半は上手く対処することができなかった」「私たちは、若いチームだ。しかし我々はマンチェスター・Uであり、それを言い訳にしたくはない。次の試合がある水曜日まで、チームで起こっている全てを確認する必要がある。しっかり修正できるよう力を尽くすよ」 4日に行われるプレミアリーグ第15節では、ホームにトッテナムを迎えるマンチェスター・U。“スパーズ”のジョゼ・モウリーニョ監督はスールシャールの前に“赤い悪魔”の指揮官を務めていただけに、その因縁にも世界から注目が集まっている。

広告スペース

関連ニュース