バルサ、グリーズマン古巣戦を制す…メッシ弾でアトレティコ破り首位キープ

バルサ、グリーズマン古巣戦を制す…メッシ弾でアトレティコ破り首位キープ

バルサ、グリーズマン古巣戦を制す…メッシ弾でアトレティコ破り首位キープ

 リーガ・エスパニョーラ第15節が12月1日に行われ、アトレティコ・マドリードバルセロナが対戦した。 前節終了時点で4位のアトレティコが首位のバルセロナをホームに迎えての大一番。今夏にアトレティコからバルセロナに移籍したアントワーヌ・グリーズマンにとって初めての古巣対決となった。 先に主導権を握ったアトレティコは7分、マリオ・エルモソがペナルティエリア右でこぼれ球を拾って中央へ折り返すと、ボールはDFの足に当たってGKの逆をつき、ゴールへ向かったが、惜しくも左ポストに跳ね返された。さらに20分には、ジョアン。フェリックスのクロスに、ファーのエルモソが右足ボレーで合わせたが、これはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに阻まれた。 一方のバルセロナは26分、リオネル・メッシがドリブルで持ち上がり横パス。ニアのルイス・スアレスがスルーして、エリア右へ走り込んだイヴァン・ラキティッチが右足シュートを打つが、GKヤン・オブラクにセーブされた。36分にはスアレスがグリーズマンとのパス交換から、エリア前中央で右足を振り抜いたが、強烈なシュートは枠を捉えず。 アトレティコは40分に右CKでアルバロ・モラタがヘディングシュート、バルセロナは42分に右CKからジェラール・ピケが頭で叩きつけたが、どちらもそれぞれの守護神が好セーブで立ちはだかった。 後半に入って69分、バルセロナはカウンターを発動し、メッシがドリブルで持ち上がると、エリア前でカットされたが、こぼれ球をスアレスがつなぎ、エリア右フリーのグリーズマンがボレーシュートを打ったが、枠を捉えなかった。 試合が動いたのは86分。メッシが右サイドからドリブルで中央に切り込み、エリア前中央でスアレスとのワンツーから左足ダイレクトシュートをゴール左隅に突き刺してゴール。バルセロナがエースの一撃で先制に成功した。 試合はこのまま終了し、バルセロナが1-0で3連勝を飾り、首位をキープ。敗れたアトレティコは11試合ぶり今シーズン2敗目を喫して6位に転落した。 次節、アトレティコは6日にアウェイでビジャレアルと、バルセロナは7日にホームで日本代表MF久保建英が所属するマジョルカと対戦する。【スコア】アトレティコ・マドリード 0-1 バルセロナ【得点者】0-1 86分 リオネル・メッシバルセロナ)【スターティングメンバー】アトレティコ・マドリード(4-4-2)オブラク;トリッピアー、フェリペ、エルモソ、サウール;コレア(73分レマル)、エレーラ(87分ロディ)、トーマスコケモラタ、J・フェリックス(66分ビトーロバルセロナ(4-3-3)テア・シュテーゲン:S・ロベルト、ピケ(83分ユムティティ)、ラングレ、フィルポ;アルトゥール(73分ビダル)、ラキティッチ、デ・ヨング;メッシ、スアレス、グリーズマン