ベンゼマ、フランス代表復帰を否定した会長に反論「終わったというのなら…」

ベンゼマ、フランス代表復帰を否定した会長に反論「終わったというのなら…」

ベンゼマ、フランス代表復帰を否定した会長に反論「終わったというのなら…」

 レアル・マドリードに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマが、自身のSNSでフランスサッカー連盟の会長を務めるノエル・ル・グラエ氏に反論している。 ベンゼマは2015年にフランス代表のチームメイトとのトラブルで代表から追放。しかし、クラブでの活躍を受け、フランス代表復帰が噂されている。 レアル・マドリードジネディーヌ・ジダン監督が「彼は常に代表でプレーしたがっている」と発言したことも噂に拍車をかけているが、フランスメディア『RMCSPORT』が伝えるところによると、グラエ会長は次のようにコメントし、ベンゼマの復帰説を否定した。「彼は素晴らしい選手で、彼のクオリティを疑うものはいない。クラブでは、最高のストライカーの一人だが、彼のフランスでの冒険は終わった」 そしてベンゼマは自身のSNSを更新。「ノエル、あなたはコーチの決定にはノータッチだと思っていたよ。僕だけが自分の代表キャリアを終わらせることができる。(フランスでの冒険が)終わったと思うなら、僕がプレーできる国に出して、プレーさせてくれ」とコメントしている。Noëljecroyaisquevousn’interfériezpasdanslesdécisionsdusélectionneur!Sachezquec’estmoietmoiseulquimettraituntermeàmacarrièreinternationale.Sivouspensezquejesuisterminé,laissezmoijouerpourundespayspourlequeljesuiséligibleetnousverrons.—KarimBenzema(@Benzema)November16,2019

広告スペース

関連ニュース