PSGのレオナルド氏、エンバペに“ラブコール”のレアル指揮官を牽制「こちらとしては迷惑」

PSGのレオナルド氏、エンバペに“ラブコール”のレアル指揮官を牽制「こちらとしては迷惑」

PSGのレオナルド氏、エンバペに“ラブコール”のレアル指揮官を牽制「こちらとしては迷惑」

 パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツディレクターを務めるレオナルド氏が、レアル・マドリードジネディーヌ・ジダン監督を批判した。7日に、イギリスメディア『BBC』が報じている。 レオナルド氏が苦言を呈しているのは、チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節ガラタサライ戦の前日会見において、ジダン監督がPSG所属のフランス代表FWキリアン・エンバペについて語った発言についてだ。「いつも言っているとおり、彼(エンバペ)の夢はいつの日かレアル・マドリードでプレーすることだ」 ジダン監督からの“ラブコール”に対し、レオナルド氏は以下のようにコメントしている。「正直なところ、あの発言は少々刺激的だったから、こちらとしては迷惑だね。こういうことが起こったのは初めてではない。エンバペは私たちにとって非常に重要なプレーヤーだし、今は彼の精神を不安定にしたくないんだ」 エンバペからすれば、ジダン監督は“母国の英雄”。レオナルド氏としてはエースの流出を避けるため、レアルの指揮官に釘を刺した格好となった。

広告スペース

関連ニュース