左ひじ脱臼とじん帯損傷のロリスが手術実施…復帰時期は来年以降に

左ひじ脱臼とじん帯損傷のロリスが手術実施…復帰時期は来年以降に

左ひじ脱臼とじん帯損傷のロリスが手術実施…復帰時期は来年以降に

 トッテナムは、フランス代表GKウーゴ・ロリスが左ひじの手術を受けたことを発表した。7日、公式サイトで発表している ロリスは、10月5日に行われたプレミアリーグ第8節ブライトン戦に出場した。この試合で3分、クロスの対応をし、着地した際に左ひじを負傷。担架で運ばれパウロ・ガッサニーガと交代でピッチを後にしていた。 その後トッテナムは「左肘の脱臼とじん帯の損傷が確認できた」と診断結果を報告。当初は手術の必要はなくリハビリを続けると伝えられてきたが、7日に更新されたクラブHPで同クラブは「更なる検査の結果、ウーゴ・ロリスは左ひじの手術を行いました」と発表。「来年早くの復帰を目指しリハビリを続けます」と綴っている。 

広告スペース

関連ニュース