PSG、ベテラン2選手との契約更新に慎重な姿勢…T・シウバ&カバーニの放出を検討か

PSG、ベテラン2選手との契約更新に慎重な姿勢…T・シウバ&カバーニの放出を検討か

PSG、ベテラン2選手との契約更新に慎重な姿勢…T・シウバ&カバーニの放出を検討か

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFチアゴ・シウバとウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、近い将来チームを離れることになるかもしれない。9日付けで、スペイン紙『アス』が報じている。 現在チームのキャプテンを務める35歳のT・シウバは、PSGと2020年まで契約を交わしている。しかし、報道によると、同選手は未だ契約延長のオファーを受け取ってないようだ。同クラブのスポーツ・ディレクターを務めるレオナルド氏は、DFマルキーニョスやMFマルコ・ヴェラッティら20代の中心選手たちに向けた新契約に注力しており、T・シウバとの契約更新にはあまり優先的でないという。また、タイミングが合えば、他クラブへの放出も辞さない構えのようだ。 カバーニは現在32歳で、こちらもPSGとの契約は2020年まで。PSGは同選手に対し昨シーズン苦しんだ怪我の影響を考慮しており、レオナルド氏は契約の延長を望んではいるものの、新契約の提示にはあくまで慎重な姿勢を取っているようだ。また、同選手にはメジャーリーグ・サッカーから関心が寄せられており、将来的にアメリカへ渡る可能性もあるという。 攻守でPSGを支えるベテランの2選手は、果たして今後どのようなキャリアを歩んでいくのだろうか。

広告スペース

関連ニュース