マンU、次なる指揮官に若手実力派のナーゲルスマン監督を招へいか

マンU、次なる指揮官に若手実力派のナーゲルスマン監督を招へいか

マンU、次なる指揮官に若手実力派のナーゲルスマン監督を招へいか

 マンチェスター・Uは次なる指揮官の候補としてライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督を招へいするようだ。9日にイギリス紙『デイリー・メール』が報じている。 現在マンチェスター・Uを率いるクラブOBのオーレ・グンナー・スールシャールは成績不振により解任が噂されている。同クラブは今シーズンのプレミアリーグにて2勝3分け3敗で12位に沈んでおり、トップ4はもちろん、トップ6入りすらも危うい状況である。 その他にも不十分な補強などが複数メディアやファン、クラブOBなどから批判されており、今月中に成果を出せない場合スールシャール監督の解任は決定的だという。そこでマンチェスター・Uは新たな指揮官をリストアップしている。 同クラブはライプツィヒを率いるナーゲルスマン監督をリストアップ。同監督は32歳の若さブンデスリーガにて改革を起こしており、欧州のトップクラブの注目を集めている。果たして新監督の就任で、マンチェスター・Uは過去の栄光を取り戻すことができるのであろうか。

広告スペース

関連ニュース