ネイマールはいまだPSGに順応できず…本人にもその意思はなし?

ネイマールはいまだPSGに順応できず…本人にもその意思はなし?

ネイマールはいまだPSGに順応できず…本人にもその意思はなし?

 ブラジル代表FWネイマールは、今季でパリ・サンジェルマン(PSG)での3シーズン目を迎えるが、いまだにチームに順応しきれてはいないようだ。25日、スペイン紙『アス』が報じた。リーグ・アン観るならDAZN!1カ月無料トライアルはこちら 現在27歳のネイマールは、今夏バルセロナへの復帰がたびたび取り沙汰されたが、最終的にパリの地に残留することが決定。本人は古巣復帰への希望を公言していたため、PSGのファンからは本拠地でプレーするネイマールに容赦なくブーイングが浴びせられた。復帰から2戦連続で決勝ゴールを決め、自身の価値を改めて証明しているブラジルのスターだが、チームへの順応にはいまだ苦しんでいるようだ。 その主な理由として、言語が挙げられている。PSGのチーム内で使用される言語はフランス語だが、ブラジル出身のネイマールはフランス語を話すことができない。今までのところ、誰もネイマールにフランス語を教えず、本人も学ぶ意思がないという。しかし、クラブのフットボールディレクターであるレオナルド氏によれば、「これからはフランス語が話せない選手は、フランス語の授業を受けることができる」と語り、順応への環境は整いつつあるようだ。

広告スペース

関連ニュース