“ネイマール狂騒曲”は今冬も継続? レオナルド氏が2020年1月1日以降の放出を検討

“ネイマール狂騒曲”は今冬も継続? レオナルド氏が2020年1月1日以降の放出を検討

“ネイマール狂騒曲”は今冬も継続? レオナルド氏が2020年1月1日以降の放出を検討

 パリ・サンジェルマン(PSG)でスポーツ・ディレクターを務めるレオナルド氏が、ブラジル代表FWネイマールの去就について言及した。10日、スペインのスポーツ紙『マルカ』が報じている。 今夏の移籍市場で注目を集めたネイマールバルセロナレアル・マドリードユヴェントスなどが移籍先の候補として挙がったものの、結果的にはPSGに残留することになった。 レオナルド氏は冬の移籍市場が開く2020年1月1日から、ネイマール放出に動く予定だという。「ネイマールの移籍について他クラブと会話を重ねてきたけれど、合意に達することはできなかった。彼を獲得したいクラブは条件を提示することができるし、それが全ての関係者を満足させる内容かどうかを見ていく必要があるね」 夏にサッカー界を騒がせた男が、冬にも“一波乱”巻き起こしそうだ。

広告スペース

関連ニュース