今夏ローマ加入のムヒタリアン「アーセナルでは幸せではなかった」

今夏ローマ加入のムヒタリアン「アーセナルでは幸せではなかった」

今夏ローマ加入のムヒタリアン「アーセナルでは幸せではなかった」

 今夏アーセナルからローマへレンタルで加入したアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが、移籍を決断した理由を明かした。10日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。 ムヒタリアンは今シーズンの開幕をアーセナルで迎え、プレミアリーグ第4節終了時点で3試合に出場していたが、今夏の移籍市場最終日にローマへのレンタル移籍が決定した。同選手は移籍した理由について、サッカーでの楽しみを再び見つけるためにイングランドを離れたかったことを明かした。「サッカーをする喜びを感じてプレーしたいと思っていたから、場所は関係なかった。でも、イングランドでは幸せではなかった。代理人から連絡を受けて、すぐに移籍しようと思った。僕にとっては素晴らしいチャンスになると思ったからね。代理人とお金について話し合うこともなかったよ」「もしかしたら僕はイングランドのサッカーにうまく適応できていなかったのかもしれない。だから、場所を変えることはいい選択だったと思う。先月アーセナルでは幸せではなかったから、ローマに来て再びサッカーをする楽しみを感じられているのは嬉しいことだよ。今はローマでのことに集中している。ここでも素晴らしいサッカーが行われているからこれはステップダウンではない。僕は景色を変えたかったんだ」

広告スペース

関連ニュース