復調し始めた矢先に…ヨヴィッチがEURO2020予選で再負傷か

復調し始めた矢先に…ヨヴィッチがEURO2020予選で再負傷か

復調し始めた矢先に…ヨヴィッチがEURO2020予選で再負傷か

 今シーズンからレアル・マドリードでプレーするセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチが、7日に行われたEURO2020予選のポルトガル戦で負傷したようだ。8日、スペインのスポーツ紙『マルカ』が報じている。 ヨヴィッチは今夏フランクフルトからレアルに新天地を求めたものの、プレシーズン中に不運な負傷に見舞われたこともあり、チームでのポジション争いから出遅れていた。だが、リーガ・エスパニョーラでは開幕節のセルタ戦で9分、第2節バジャドリード戦で22分、第3節ビジャレアル戦で68分と、徐々に出場時間を伸ばしていた。 今回ヨヴィッチは、EURO2020予選のグループB第5節・ポルトガル戦に出場。試合が間もなく終了しようかという87分からピッチに立ったものの、再び負傷したようだ。セルビアサッカー協会からは負傷について詳細な発表がなされていないが、『マルカ』はヨヴィッチの負傷は軽微なものだと主張している。 レアルは、14日にホームでのレバンテ戦を控えている。ヨヴィッチは早期回復を実現し、ラ・リーガの戦いに復帰することができるのだろうか。

広告スペース

関連ニュース