PSGに大打撃…ムバッペが約4週間、カバーニが3週間以上の負傷離脱

PSGに大打撃…ムバッペが約4週間、カバーニが3週間以上の負傷離脱

PSGに大打撃…ムバッペが約4週間、カバーニが3週間以上の負傷離脱

 パリ・サンジェルマン(PSG)は26日、負傷したフランス代表FWキリアン・ムバッペ、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、フランス人DFアブドゥ・ディアロの診断結果を発表した。リーグ・アン観るならDAZN!1カ月無料トライアルはこちら PSGは25日にリーグ・アン第3節でトゥールーズと対戦し4-0で快勝した。だが、カバーニは立ち上がりの14分に、ディアロは40分に負傷交代を余儀なくされ、ムバッペも66分に左足を負傷してピッチを後にしていた。 発表によると、ムバッペは26日に行った検査の結果、左ハムストリングの負傷により、約4週間の離脱を強いられるという。同日にMRI検査を受けたカバーニは右臀部のケガで、3週間以上の離脱が見込まれている。ディアロは右目を負傷したが、試合後の検査の結果、大事には至らなかったようだ。 ムバッペとカバーニは、8月30日の第4節メス戦と9月14日の第5節ストラスブール戦の2試合、さらにそれぞれの代表戦を欠場することが決定的となった。ムバッペは9月17もしくは18日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節も欠場する可能性が高く、復帰は9月22日の第6節リヨン戦、もしくは9月25日の第7節ランス戦になりそうだ。

広告スペース

関連ニュース