F・トーレス、現役ラストマッチでフル出場 「盟友」イニエスタ躍動の神戸が6発大勝【サマリー:明治安田J1 第24節】

F・トーレス、現役ラストマッチでフル出場 「盟友」イニエスタ躍動の神戸が6発大勝【サマリー:明治安田J1 第24節】

F・トーレス、現役ラストマッチでフル出場 「盟友」イニエスタ躍動の神戸が6発大勝【サマリー:明治安田J1 第24節】

明治安田生命J1リーグは、23日に第24節の3試合が行われた。フェルナンドトーレスの現役ラストマッチとして注目を集めた鳥栖vs神戸は、思わぬ大差がついた。終始、主導権を握ったのはアウェイの神戸だった。11分に山口蛍のゴールで先制すると、20分にはアンドレスイニエスタがPKで追加点を奪取。22分には田中順也が豪快なミドルを叩き込み、後半にも古橋亨梧の2ゴールなどで3点を追加した。79分に1点を返されたものの6-1の圧勝劇で、鳥栖を一蹴した。神戸は2連勝で暫定11位に浮上。鳥栖の連勝は2でストップした。注目のフェルナンドトーレスはスタメンフル出場を果たし、後半にニ度決定機を迎えたもののゴールは奪えず。チームも大敗を喫し、悔しいラストマッチとなった。ホームにG大阪を迎えた鹿島は、33分に先制点を許したものの、44分にセルジーニョのゴールで追いつくと、58分に伊藤翔が逆転ゴールをマーク。しかし73分に失点し、2-2の引き分けに終わった。鹿島の連勝は2でストップ。G大阪はこれで5試合連続引き分けとなった。アウェイで浦和と対戦した松本は、19分に先制点を奪われるも、75分に阪野豊史が同点ゴールをマーク。83分に高橋諒が勝ち越しゴールを奪い、2-1と逆転勝利を収めた。松本は11試合ぶりに勝点3を手にした。敗れた浦和は5試合勝利なしとなった。明治安田生命J1リーグ順位表■試合データ鹿島vsG大阪鳥栖vs神戸浦和vs松本 

広告スペース

関連ニュース