C・ロナウド、マンU入りの裏話を語る「ヴェンゲルとも話していた」

C・ロナウド、マンU入りの裏話を語る「ヴェンゲルとも話していた」

C・ロナウド、マンU入りの裏話を語る「ヴェンゲルとも話していた」

 ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは自身のマンチェスター・U移籍についてコメントを残した。23日にイギリス紙『メトロ』が報じている。セリエA観るならDAZN!1カ月無料トライアルはこちら C・ロナウドは2003-04シーズンにスポルティングからマンチェスター・Uへと移籍。驚異的なゴール数を叩き出す同選手のキャリアが本格的にスタートしたのが同クラブであると言っても過言ではないが、同選手はマンチェスター・U移籍が決定するまで、複数のクラブと連絡を取っていたようだ。 同選手は次のように語った。「僕は複数のクラブと連絡を取っていたんだ。バレンシアなどとも交渉を行っていたよ。バルセロナレアル・マドリードインテルとも並行して話をしていたんだ」「アーセナルとも交渉をしていて、実際に(アーセン・)ヴェンゲルとも話していた。アーセナルに加入すると決めていたが、最終的にはマンチェスター・Uが急激に交渉を進展させてきたことから移籍が決まったんだよ」 当時仮にマンチェスター・Uではなく、アーセナルへの移籍が決定していたら、C・ロナウドはどのようなキャリアを送っていたのであろうか。サッカー界の未来をも変えてしまう可能性がある“移籍市場”はプロサッカーの醍醐味とも言える。

広告スペース

関連ニュース