本人は残留示唆も…ローマ、アルデルヴァイレルト獲得を諦めず

本人は残留示唆も…ローマ、アルデルヴァイレルト獲得を諦めず

本人は残留示唆も…ローマ、アルデルヴァイレルト獲得を諦めず

 ローマトッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトの獲得を諦めていないようだ。8月1日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。 ローマは今夏、アルデルヴァイレルト獲得に動いていることが報じられていた。同選手には2500万ポンド(約33億円)の契約解除条項が設定されており、移籍市場終了の2週間前まで有効となっていたが、すでに2週間前を切ったため、この条項は無くなっている。しかし、報道によるとトッテナムはいまだに正式なオファーを受け取ってはいないものの、ローマは引き続き関心を寄せているという。 先日、新シーズンの始まりをトッテナムで迎えるかと聞かれていたアルデルヴァイレルトは「イエス」と答え、「何事も素早く動いていくものだが、スパーズ(トッテナムの愛称)で集中しているし、シーズンの始まりにフィットできるように準備している」と残留を示唆していた。 トッテナムとの契約は来夏までの残り1年となっているアルデルヴァイレルトだが、果たして残留することとなるのだろうか。

広告スペース

関連ニュース