鹿島はホームで手痛いドローもC大阪は水沼の執念のゴールで今大会Jリーグ勢初となる勝利を挙げる!【サマリー:ACL GS MD1】

鹿島はホームで手痛いドローもC大阪は水沼の執念のゴールで今大会Jリーグ勢初となる勝利を挙げる!【サマリー:ACL GS MD1】

鹿島はホームで手痛いドローもC大阪は水沼の執念のゴールで今大会Jリーグ勢初となる勝利を挙げる!【サマリー:ACL GS MD1】

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は14日に、グループステージ第1節の試合が行われ、鹿島アントラーズが上海緑地申花(中国)と引き分けた一方、セレッソ大阪は済州ユナイテッド(韓国)に競り勝ち、今大会、Jリーグ勢の初勝利を挙げている。ホームに上海緑地申花を迎えた鹿島は、開始4分にジョバンニモレノに先制ゴールを奪われてしまう。しかし、その後は押し気味に試合を進めると、後半立ち上がりの51分に遠藤康が同点ゴールを奪取。さらにチャンスを作った鹿島だったが決定打は生まれず、1-1の引き分けに終わった。済州のホームに乗り込んだC大阪は、前半からリズムを掴むも、なかなかゴールを奪えないもどかしい展開が続く。後半も一進一退の攻防が続くなか、互いに得点機は生まれなかった。しかし、そのままスコアレスドローで終わるかと思われた後半アディショナルタイム、水沼宏太が値千金の決勝ゴールを奪取。劇的な展開で、C大阪がアウェイで勝点3を手にした。■試合データ鹿島vs上海緑地申花済州vsC大阪AFCチャンピオンズリーグ特集

広告スペース

関連ニュース