アルデルヴァイレルトがマンUへ移籍?…トッテナムの待遇に不満か

アルデルヴァイレルトがマンUへ移籍?…トッテナムの待遇に不満か

アルデルヴァイレルトがマンUへ移籍?…トッテナムの待遇に不満か

 トッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトマンチェスター・Uへ移籍する可能性があるようだ。アメリカメディア『ESPN』が13日付で伝えている。 アルデルヴァイレルトはハムストリングの負傷で3カ月以上試合を欠場していたが、1月27日に行われたFAカップ、ニューポート・カウンティー戦でフル出場し、復帰を果たしている。しかし、10日に行われたアーセナルとの“ノース・ロンドン・ダービー”や13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグのユヴェントス戦ではメンバー外となっていた。 こういった待遇にアルデルヴァイレルトは不満を抱いているようで、この状況が改善されない限り、新契約の交渉などにも影響が出ると見られている。現在の同選手の契約には1年間の契約延長オプションが含まれており、2020年までクラブに所属することが可能だ。しかし、同契約には2500万ポンド(37億5000万円)の契約解除金が設定されているため、クラブは今シーズン閉幕時に売却を迫られる可能性もある。 一方、マンチェスター・Uジョゼ・モウリーニョ監督も来シーズンに向けて、守備陣の改良を目指しており、現在、様々なDFに目を向けている。今回、同メディアでは、トッテナムのアルデルヴァイレルトの獲得を目指していると報じられ、指揮官も移籍に関して、大いに期待を寄せているようだ。 マンチェスター・Uはその他にも日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのイングランド代表DFハリー・マグワイアレアル・マドリードのフランス代表DFラファエル・ヴァランらの獲得も目指しており、来シーズンに向けて大胆な補強を敢行するとみられている。