ラキティッチ、同僚メッシを語る「バルサに来た時、サポートしてくれた」

ラキティッチ、同僚メッシを語る「バルサに来た時、サポートしてくれた」

ラキティッチ、同僚メッシを語る「バルサに来た時、サポートしてくれた」

 クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが、バルセロナでともにプレーするアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて語った。スペインのテレビ局『アンテナ・トレス』の番組に出演した際のコメントを12日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。 ラキティッチは『アンテナ・トレス』の番組内でメッシについて話が及ぶと、「彼はお手本となる選手だ。僕たちのプレーは彼に大きく依存している。彼は理解するために話をする必要がなく、ジェスチャーだけで十分なんだ」と語った。一方で、「彼は世界中の目が自身に向けられていることをわかっていて、シャイな人間なんだ」と、エースの性格についても明かしている。 さらにラキティッチは、2014年夏にセビージャからバルセロナへ移籍した当時を回想。「僕がここにやってきた時、メッシは僕を真っ先にサポートしてくれた人のうちの一人なんだ。彼は僕に必要なことはないかと聞いてくれたよ。彼は違うことができる人間なんだ」と、メッシの手助けがあったことを明かしている。 またメッシの周囲では「“世界最高”や“史上最高”の選手は誰か」という論争が常に付きまとっているが、ラキティッチの考えは明確なようだ。「メッシは史上最高の選手だ。彼は1秒で試合をひっくり返すことができる」と、能力を改めて絶賛している。 今シーズンで4シーズン目を迎えている、ラキティッチとメッシのホットライン。今シーズン、リーガ・エスパニョーラで首位を走るバルセロナを2014-15シーズン以来の三冠達成に導くことはできるだろうか。(記事/Footmedia)varcX=cX||{};cX.callQueue=cX.callQueue||[];cX.callQueue.push(['insertWidget',{widgetId:'ef31027af3466a6c68d5ec8532ebb905136a478b',insertBeforeElementId:'cx_ef31027af3466a6c68d5ec8532ebb905136a478b',width:'100%',height:335,renderTemplateUrl:'auto'}]);

広告スペース

関連ニュース